• 印刷する

宮崎産の家禽輸入を停止、鳥インフル発生で

香港政府食物環境衛生署の食品安全センターは2日、宮崎県産の鶏肉など家禽(かきん)肉と家禽関連製品(鶏卵など)の輸入を停止するよう、香港域内の関連業界に指示したと発表した。日本側から同県でH5型鳥インフルエンザが発生したとの通報があったことを受けた措置。同センターは、香港市民の健康を守るためと説明した。

宮崎県では11月30日以降、日向市や都農町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの発生が相次いで確認されており、ニワトリの殺処分も実施された。

食品安全センターは11月、鳥インフルエンザの発生を理由に、香川県産と福岡県産、兵庫県産の家禽肉と家禽関連製品の輸入を相次いで停止している。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:発生当時は大騒ぎになっ…(01/28)

中小景況感、昨年末に腰折れ コロナ4波影響、改善に時間(01/28)

油麻地封鎖、330人検査し陽性1人(01/28)

新たに60人感染、域内で57人=計1万282人(01/28)

本土に拠点置く製造業の役割強調、工業総会(01/28)

大湾区移住、低賃金や高税率を懸念=嶺南大(01/28)

小幅続落、ハイテク株の下げ続く=香港株式(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン