南部の石炭火発計画、蘭独機関が中止提案

ベトナム南部メコンデルタ地域で計画されている石炭火力発電事業について、オランダのエンジニアリング会社ロイヤル・ハスコニングとドイツ国際協力公社(GIZ)が中止を提案している。代わりに液化天然ガス(LNG)発電の強化を勧めた。サイゴン・タイムズが伝えた。 南部カ…

関連国・地域: ベトナム欧州
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

2Gと3G対応携帯、7月から製造停止へ(18:10)

トーヨー、越発電所建設で中国企業と合意(19:13)

越製冷延コイルの反ダンピング関税引き上げ(20:11)

クアンビン省、企業誘致を強化 FLCは観光開発に20兆ドン投資(01/25)

ビンファスト、高級と廉価版のEバイク投入(01/25)

ビンファストがEV3モデル発表、今年投入(01/25)

越のビンG、LGスマホ工場の買収検討か(01/25)

ラックフエン港の2埠頭建設、計投省が支持(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン