• 印刷する

10月の外国人入国者、前月比41%増

シンガポールに2020年10月に入国した外国人の数は、前月比41%増の1万3,391人だった。ただ新型コロナウイルス感染拡大を防止するための入国制限が続いており、訪問者数は前年同月の約153万人を大きく割り込んでいる。

シンガポール政府観光局(STB)が発表した統計によると、10月の国・地域別の入国者数は、中国が3,169人で最多。これにインドネシアの2,424人、マレーシアの1,409人が続いた。日本は513人で6番目だった。

データは滞在期間が1年未満の短期旅行者が対象。陸路で入国したマレーシア人や帰国したシンガポール人、永住権(PR)保持者、長期滞在ビザ保有者、空港でのトランジット(乗り継ぎ客)などは含んでいない。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/15)

ノジマが繁華街で商業施設運営、海外で初(21:51)

12月の民間住宅販売、前年同月比2倍(22:14)

環境庁、無人道路清掃車の試験運用開始(22:15)

豪通信TPG、大容量データの新格安プラン(22:46)

船舶作業員のコロナ対策、15日から強化(22:52)

新規感染24人、国内は5人(16日)(22:53)

新規感染30人、市中は1人(15日)(21:51)

新規感染45人、市中は1人(14日)(22:53)

【年始インタビュー】世界経済フォーラムで需要回復 東南アのホスピタリティー業界(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン