• 印刷する

タイ航空、12月25日に国内線の運航を再開

タイ国際航空はこのほど、12月25日に国内線の運航を再開すると発表した。来年1月1日には国際線も運航を再開する。2日付バンコクポストが報じた。

情報筋によると、再開する国内線は、バンコク―北部チェンマイ、バンコク―南部プーケットの2路線で、両路線とも週3往復(金、土、日)を運航する。運航スケジュールは2月28日まで。機材はボーイング777―200ERを使用する。両路線は、新型コロナウイルス感染症の流行を受けて4月2日から運航を中止している。

国際線については、先月に来年1月1日の再開を発表していた。再開するのは全てバンコク発着の路線で、香港線が毎日1往復、東京線が週3往復(月、水、土)。この他にも週1往復で、シドニー線(日)、ソウル線(水)、マニラ線(木)、台北線(金)、大阪線(土)などを運航する。運航スケジュールは3月27日まで。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品運輸

その他記事

すべての文頭を開く

「SR400」生産終了へ、ヤマハ発の人気バイク(01/22)

市中感染297人、7割が疫学調査で判明(22日)(01/22)

タイ証取、上場企業向けコロナ支援策を追加(01/22)

英アストラゼネカ製ワクチン、FDAが承認(01/22)

首都の活動制限を一部緩和 ジムやマッサージ店、感染減少で(01/22)

テイクオフ:タイの国鉄フアランポー…(01/22)

市中感染125人、首都西郊で92人(21日)(01/22)

コロナ禍で20年は貧困層150万人増=世銀(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン