• 印刷する

ラカイン選管、選挙中止地域での投票に意欲

ミャンマー西部ラカイン州の選挙管理小委員会は、11月8日の総選挙が中止された地域での選挙の実施に意欲を示した。イレブン電子版が1日伝えた。

ラカイン州選挙管理小委員会のトゥライン・トゥ氏は「選挙用資材や人員など、投票のための準備は整っている」と述べた。

国軍と少数民族武装勢力、アラカン軍(AA)の衝突が続くラカイン州では、治安上の理由で17郡区のうち9郡区で総選挙が中止になり、上下両院で16議席が空席になっている。

AAは12日、これら郡区での選挙を実施するため、12月末まで停戦すると表明。ミャンマー国軍も同日、声明を出してこれを歓迎し、選挙の早期実施に最大限取り組むと言明した。

また、28日にはミャンマー国民和解担当の日本政府代表を務める笹川陽平・日本財団会長が現地を訪問。選挙管理委員会に速やかな選挙の実施を求める考えを示した。

ラカイン州の有権者数は160万人以上。そのうち約120万人は、総選挙が見送られた9郡区に居住している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

保険分野、民間の関心表明書を2年ぶり募集(19:51)

ワクチン、初日は3万人が接種(18:16)

20年新車市場、前年の2割減 今年は「コロナ前」超を期待(01/28)

ワクチン接種が開始、医療従事者に(01/28)

新規感染、11日連続で500人未満に=26日夜(01/28)

高速バス運行再開へ、乗車には推薦状が必要(01/28)

201万世帯に追加給付、560億チャット拠出へ(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン