国内企業の業績悪化が強く作用 コロナ禍の経済低迷、金融庁報告

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)が1日に公表した2020年版の「金融安定性報告書」で、今年の同国経済が、世界経済の影響よりも国内企業の業績悪化が強く作用し、低迷していることが明らかになった。新型コロナウイルスの流行による内需の縮小と、厳しい感染対策…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/15)

ノジマが繁華街で商業施設運営、海外で初(21:51)

12月の民間住宅販売、前年同月比2倍(22:14)

環境庁、無人道路清掃車の試験運用開始(22:15)

豪通信TPG、大容量データの新格安プラン(22:46)

海事庁、船舶作業員のコロナ対策強化(21:51)

新規感染30人、市中は1人(15日)(21:51)

新規感染45人、市中は1人(14日)(01/15)

【年始インタビュー】世界経済フォーラムで需要回復 東南アのホスピタリティー業界(01/15)

パナが現地企業と提携、東南アのEC強化へ(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン