パーム油価格は来年も高水準 業界予測、土地問題解決にも期待

インドネシア・パーム油業界連盟(GAPKI)は、パーム原油(CPO)価格が来年上半期(1~6月)まで高水準を維持し続けるとの見通しを示した。新型コロナウイルス感染症の世界的な流行による生産減を背景に需給がひっ迫していることが背景にある。一方、政府が設定した新規…

関連国・地域: マレーシアインドネシア
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

港湾ペリンド1、20年の貨物取扱量7%増(16:37)

屋上太陽光の発電容量、前年の4倍目標(13:09)

医療従事者13万人超にワクチン接種(17:17)

テイクオフ:長旅の道中で休憩のため…(01/25)

設備投資抑え独自ネット販売 イオン、コロナ感染対策にも(01/25)

外国人雇用に関する政令案、草案の策定完了(01/25)

20年の人口統計、2億7000万人超(01/25)

今年の外国投資は191億ドルに=中銀予測(01/25)

昨年は16社が海外から移転=投資庁長官(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン