• 印刷する

施政報告の評価、過去最低に

世論調査機関の香港民意研究所(HKPORI)が26日に発表した即時調査結果によると、香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が25日に行った施政報告(施政方針演説)に対する市民の評価は27.2点(100点満点)だった。施政報告直後の調査結果としては、1999年の記録開始以降で最低となった。明報が伝えた。

即時調査では713人から有効回答を得た。

施政報告に「満足」と回答した人は19%で、「不満」との回答は64%だった。0点をつけた人は42%いた。

また林鄭氏への評価は26.8点となり、11月前半に実施した調査結果から約4ポイント落ちた。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港で新型コロナウイル…(01/25)

政府、九龍で初の地域封鎖 1万人外出禁止で強制検査(01/25)

新たに76人感染、域内72人=計1万85人(01/25)

大湾区航空、日本を含む104路線申請(01/25)

続落、香港と本土のコロナ流行懸念=香港株式(01/25)

香港取引所、科創板銘柄を滬港通の対象に(01/25)

香港取引所、米ドル・オフショア元でミニ先物(01/25)

保険各社、コロナワクチン副反応の補償続々(01/25)

香港観光局、迎春商品販売サイトを開設(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン