CIP、洋上風力発電に浮体式導入を提案

デンマークの大手年金基金コペンハーゲン・インフラストラクチャー・パートナーズ(CIP)は27日、「台湾は浮体式洋上風力発電所の開発に着手すべき」との考えを示した。浮体式の導入によって、台湾の洋上風力発電事業の競争力を高めるよう呼び掛けた。27日付経済日報が伝えた。…

関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

高雄に半導体材料園区設置へ TSMCなどの増産で需要拡大(01/22)

バイデン政権誕生で台米関係深化、経済部長(01/22)

シリコンウエハーも不足、各社値上げへ(01/22)

鴻海と華邦電子、AIの米Kneronに出資(01/22)

仁宝が初の育児製品発表、IoT活用(01/22)

聯発科技、5G対応SoCの旗艦製品発表(01/22)

ペガトロン、南部チェンナイ近郊で用地確保(01/22)

電動二輪の品睿緑能、今年6千台販売目指す(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン