反体制派らの裁判、来年初頭に延期

カンボジアのプノンペン地方裁判所は、反体制派の活動家ら139人に対する裁判の審理を来年に延期すると決定した。弁護士への依頼など、被告が裁判に臨むために必要な時間を確保するためと説明している。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。 139人は旧最大野党「カンボジア救国…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

レオパレス21、越法人を中和石油に売却(17:43)

自転車輸出は27%増、域内最大の輸出国に(01/18)

中国の投資白書、カンボジア支援を報告(01/18)

タイから帰国の労働者感染、69人に(01/18)

カンダル州の発電所、電力供給を開始(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

首都のコンド供給、20年第4四半期は937戸(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン