【加速するスマートシティー(3)】22年までに国内100カ所設置 タイ政府、コロナ禍も目標堅持

タイ政府は、2022年までに国内100カ所にスマートシティーを設置する目標を掲げている。NNAの取材によると、新型コロナウイルスの流行の中でも、目標を維持する姿勢を示している。タイ当局や国営企業はこれまで、外資系大手企業とスマートシティー開発について複数の覚書を締結し…

関連国・地域: タイシンガポールASEAN
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最寄り駅の近くにある小…(08/02)

労働市場の回復にブレーキ 2四半期ぶり雇用減、外国人顕著(08/02)

製造業景況感、3期連続でプラス維持(08/02)

サービス業景況感、7~12月は前期と同水準(08/02)

6月銀行貸出残高、2年9カ月ぶり高い伸び(08/02)

DBSとテマセク、借入金融で提携(08/02)

ケッペルの業績急回復、1~6月は黒字転換(08/02)

シンガポール航空、4~6月は赤字大幅縮小(08/02)

ナイトライフ事業者の安全対策、政府が強化(08/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン