• 印刷する

MGモーター、政府のEV走行実験に参加

中国の自動車大手、上海汽車集団(SAIC)傘下の英系MGモーター・インディアは25日、インド政府が実施した電気自動車(EV)の走行実験に参加したと明らかにした。今回の実験は、EV普及を目指す政府の取り組みの一環。

走行実験は、首都ニューデリーと北部ウッタルプラデシュ州アグラの間で実施された。同区間を結ぶヤムナ高速道路でのEVを利用した公共輸送サービスの実現可能性を検証する目的で、充電インフラやロードサイド・サービスなどを重点的に確認した。

MGモーター・インディアはこの実験に、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)仕様で同社初のEVである「ZS―EV」で参加した。同モデルは1回の充電で340キロの走行が可能で、静止状態から8.5秒で時速100キロまで加速できる。

MGモーター・インディアは今年1月にZS―EVを発売した。現在は国内21都市で販売しており、これまでの販売台数は1,000台を超えている。


関連国・地域: 中国インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

株価指数が最高値を更新、初の5万台(16:51)

テイクオフ:友人の子どもの頃の夢は…(01/21)

EV充電所の整備進む MGとタタ電力、南部に新設(01/21)

スズキ、「ジムニー」の生産と輸出を開始(01/21)

メルセデス、テスラの印市場参入を歓迎(01/21)

エスコーツ、電動トラクターの認証取得(01/21)

ビールの米モルソン、インド事業売却へ(01/21)

地場農業サービス、EC市場開設へ(01/21)

複合DCM、化学事業に107億ルピー投資(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン