• 印刷する

豪の住宅建設活動9%縮小、6年ぶり低水準

オーストラリア政府統計局(ABS)が発表した第3四半期(7~9月)の住宅建設完工高は172億豪ドル(約1兆3,221億円)で、第2四半期の174億豪ドルから1%減少、前年同期比では8.9%減少し、約6年ぶりの低水準となった。新築集合住宅の建設が大きく減退したものの、新型コロナウイルスの流行を受けた消費者の巣ごもり傾向で住宅の改修が急増し、経済を押し上げた。26日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

アナリストは4%減を予想していたため、これに比べると良い結果となった。第2四半期の統計も5.5%減から3.9%減に修正された。

BISオックスフォード・エコノミクスのシニアエコノミストのファーンリー氏は、6年ぶりの低水準となったのは2018年と19年の住宅建設認可件数の減少を反映していると指摘した。

新築住宅の完工高は1.9%減少した。内訳は集合住宅が6.2%減、戸建住宅が1.1%増。一方で住宅の改修や増築は5.1%増加した。

コモンウェルス銀行(CBA)のエコノミストのクリフトン氏は、今年は改修のための融資が増えており、ABSの統計にも改修活動の堅調さが表れてくると予想していたと説明。ABSのデータは、第3四半期の国内総生産(GDP)で住宅投資部門がやや拡大することを示しているとした。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:年末にスーパーでガーリ…(01/22)

豪12月失業率、6.6%に改善 人口増加率の低迷要因か(01/22)

豪テック企が採用拡大、5割超増員の企業も(01/22)

ブリスベンのマスク義務、きょうから解除(01/22)

豪ホテル客室稼働率が急落、州境閉鎖で打撃(01/22)

20年の石炭輸入量が過去最多、豪産けん引(01/22)

観光業の損失70億$、給与補助の延長要求も(01/22)

〔政治スポットライト〕米大統領就任、豪NZに恩恵(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン