• 印刷する

三菱重、SAの水素事業会社にマイナー出資

三菱重工業は26日、オーストラリア・南オーストラリア(SA)州で地場の水素開発企業ハイドロジェン・ユーティリティー(H2U)の持ち株会社H2Uインベストメンツに出資すると発表した。出資額は非開示。出資比率も非開示だが、マイナー出資だという。同社は先に、再生可能エネルギーを利用した水素貯蔵材料(水素キャリア)としてのアンモニアを生産する、H2Uの「グリーン・アンモニア」事業に参画することが明らかになっていた。【NNA豪州編集部】

三菱重工の広報担当者はNNA豪州に対し、H2Uへの役員の派遣について、今のところは計画していないとしている。

同事業は、洋上風力発電や太陽光発電で発電された電力を利用し、2022年末からの水素・アンモニア生産の開始を予定している。三菱重工は同事業で、プラントの設計仕様検討段階から参画。エンジニアリングでの協業や、水素ガスタービン、水素コンプレッサの供給を視野に入れており、必要に応じて技術者を派遣する。【同じトピックの記事11月12日付】

三菱重工業が参画するSA州グリーン・アンモニア事業のプラントのイメージ図(H2U提供)

三菱重工業が参画するSA州グリーン・アンモニア事業のプラントのイメージ図(H2U提供)


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 自動車・二輪車化学建設・不動産天然資源電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:年末にスーパーでガーリ…(01/22)

豪12月失業率、6.6%に改善 人口増加率の低迷要因か(01/22)

豪テック企が採用拡大、5割超増員の企業も(01/22)

ブリスベンのマスク義務、きょうから解除(01/22)

豪ホテル客室稼働率が急落、州境閉鎖で打撃(01/22)

20年の石炭輸入量が過去最多、豪産けん引(01/22)

観光業の損失70億$、給与補助の延長要求も(01/22)

〔政治スポットライト〕米大統領就任、豪NZに恩恵(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン