• 印刷する

ANA、12月に成田―プノンペン線を再開

全日本空輸(ANA)は25日、成田とカンボジアの首都プノンペンを結ぶ直行便の運航を12月に再開すると発表した。同路線は新型コロナウイルス感染症の影響で、4月12日から定期便の運航を休止している。

12月1~19日は水・土曜日の週2往復を、12月20日~1月31日は1月9日と23日のみ運航する。

運航ダイヤは、往路が午後4時に成田発、同9時にプノンペン着。復路は、午後10時50分にプノンペン発、翌午前6時40分に成田着。

使用する機材はボーイング787で、座席数は184席。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者2人増、印製ワクチン調達検討(01/20)

新たな徴税体系、財務経済省が今年から施行(01/20)

首都河川港、20年の売上高は6%減(01/20)

在庫活用のアパレルshoichi、ハノイ出店(01/20)

中国製のワクチン接種、首相が第1号に(01/19)

不動産チップモン、首都東部で住宅分譲開始(01/19)

レオパレス21、越法人を中和石油に売却(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン