10月消費者物価は1.5%低下 下落幅が拡大、コロナで需要低迷

マレーシア統計局が25日発表した2020年10月の消費者物価指数(CPI、10年=100)は120.2となり、前年同月比で1.5%下落した。8カ月連続のマイナスで、下落幅は8月、9月の1.4%から拡大した。エコノミストは、コロナ禍の影響で需要全体が落ち込み価格全般を押し下げていると指…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品繊維運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

首都の公園を再度開放、判断を一転(01/15)

サラワク州南西部に活動制限令、感染急増で(01/15)

必須サービスの定義明確化を、消費者団体(01/15)

ジェトロ、貿産省に抗議へ 制限令下で自動車製造停止などに(01/15)

新規感染3337人、過去最多を更新(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

RM1=25.7円、$1=4.04RM(14日)(01/15)

制限令下で小売16業種は営業可、自主休業も(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン