• 印刷する

レンタカーの米エイビス、事業拡大へ投資

米レンタカー大手エイビス・バジェット・グループは、ミャンマー事業の拡大に約400万米ドル(約4億1,800万円)を投じる計画だ。保有車両の拡充や新たな営業所の開設などに充てる。ミャンマー・タイムズ(電子版)が24日伝えた。

エイビス・ミャンマーは400万米ドルを投じ、2021年には保有台数を現在の3倍に増やし、首都ネピドーと第2の都市マンダレーの2カ所に事業所を新たに開設する。

同社は最大都市ヤンゴンに本社と営業所を構え、個人や法人向けに短期と長期のレンタカーサービスを提供している。

新型コロナウイルスの感染拡大による規制強化に加え、観光客や外国人投資家の来訪が激減したことでレンタカー業界は大きな打撃を受けた。このような環境下で、エイビス・ミャンマーは、社員の公共交通機関利用を避けたいと考える企業向けに、レンタカー、運転手、燃料、保険、ルート管理、消毒などをセットにしたサービスを展開。需要の掘り起こしを進めている。


関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品運輸サービス

その他記事

すべての文頭を開く

中国主導の繊維工業団地、ザガインに建設へ(16:28)

与党、第2次政権の人事を24日に協議(16:51)

21年の日系昇給率8.1%予測 NNA調査、コロナ下も前年上回る(01/20)

財閥シュエタウン、再生エネ事業を拡大(01/20)

新たな新型コロナ感染、477人確認=18日夜(01/20)

ヨルダンの変異種、帰国者から確認(01/20)

ワクチン基金、寄付額が1000万米ドル到達(01/20)

シンガポールに農産品輸出センター開設へ(01/20)

チャブ生保、健康管理アプリの機能を強化(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン