双日、農村デジタル化で調査 通信塔周辺で教育や医療など

双日は、ミャンマーでデジタル技術を使った農村開発事業への参入に向けて調査を開始した。現地企業が管理する通信塔の周辺地域で、遠隔教育や遠隔医療、フィンテック(ITを活用した金融サービス)など関連サービスの可能性を調査する。経済産業省からの委託調査で、NTTデータ…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産金融IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン接種は教師などを優先に=人権委(01/15)

新たな新型コロナ感染、605人確認=14日夜(01/15)

ダウェー特区開発、政府は3カ国会談を要望(01/15)

外国投資が7割減ペース 10~12月、3.6億米ドルどまり(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

ウェーブマネー、20年送金額はGDPの11%(01/15)

縫製品の原材料輸入2割減、1月初めまで(01/15)

ヤンゴン環状線改修工事、月内に完了予定(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン