天津市、2カ所が低リスクに戻る

天津市衛生健康委員会の顧清介副主任は24日に開いた新型コロナウイルスに関する会見で、25日から浜海新区漢沽街、中心漁港冷鏈物流区A区・B区の2カ所が感染リスク分類で「中」リスク地域から「低」リスク地域に調整されると明らかにした。天津日報が伝えた。 同市では8~9日…

関連国・地域: 中国-天津
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「レジ袋? もう販売し…(01/18)

ボケオ県の一部、中国人コロナ感染で再封鎖(01/18)

中国の投資白書、カンボジア支援を報告(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

20年旅客数、36年ぶり少なさ 業界、本土との往来再開熱望(01/18)

宅配便取扱量、20年は833億件 31%増、コロナ・EC普及で拡大(01/18)

「春運」の鉄道切符予約、例年に比べ6割減(01/18)

中国がワクチン提供表明、比中外相会談(01/18)

米、小米など9社に投資禁止(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン