• 印刷する

【6000号特集】感染発覚から1年 コロナ禍、写真とともに振り返る

中国で新型コロナウイルスの感染者が公式に確認されてから、まもなく1年がたとうとしている。中国の累計感染者数は3日午前0時時点で8万6,567人を数え、4,634人の死者を出した。感染が最初に広がった湖北省武漢市の都市封鎖(ロックダウン)や全国的な企業の休業は景気後退の大きな一因となったものの、中国経済は世界に先駆けて立ち直りつつある。中国でコロナ禍はどう始まり、どのように回復へ向かったのか。新型コロナに大きく左右されたこの1年間を、写真とともに振り返る。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

今年の乗用車販売8%増、業界団体が予測(01/22)

コロナワクチン接種の第2回、4月に実施(01/22)

本土マネー、勢い止まらず 資金純流入、既に昨年の3割超(01/22)

500万人のPCR検査2日で 各地に体制強化を指示、国務院(01/22)

バイデン政権誕生で台米関係深化、経済部長(01/22)

米GM、マハ州の工場閉鎖申請却下に抗議(01/22)

春節移動のPCR陰性証明、農村部が対象(01/22)

シリコンウエハーも不足、各社値上げへ(01/22)

SKイノ、中国のEV電池交換業者に出資(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン