【肖像】バイオ・美容から防疫事業へ 葛莱美国際健康の陳金徳董事長

新型コロナウイルス感染症のまん延をきっかけに、新たに防疫関連事業に参入した企業は少なくない。医療器材を手掛ける台湾の葛莱美国際健康事業(グラミー・ヘルス・インターナショナル、葛莱美)もその一社だ。陳金徳董事長はバイオ・美容分野からキャリアをスタート。今年に入り…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 医療・医薬品化学その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

ゴゴロ、米ナスダックにSPAC上場へ(13:24)

4カ国から入国禁止、日本は対象外(12:54)

新iPhone、台湾各社に恩恵 TSMCなど、下期業績に貢献(09/17)

新型コロナの域内感染、16日は2人(09/17)

ワクチン約172万本、台湾に17日到着(09/17)

モデルナと高端の混合接種、臨床試験計画(09/17)

桃園空港の清掃員が感染、経路は不明(09/17)

ノートPC5社出荷予測、証券筋が下方修正(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン