• 印刷する

バイク配車2社、試験運用再開に許可

フィリピン運輸省の技術作業部会(TWG)は24日、バイク配車サービスを手掛けるアンカスとジョイライドの2社にバイクタクシーの試験運用再開を許可した。同日から12月9日までの運行を認める。

試験運用再開には、運転手と乗客の双方に保険加入が求められるほか、検温器の準備など新型コロナウイルス感染対策の順守が必須となる。ジョイライドは運転手と乗客の間に設置する仕切りの設計も承認された。

地元メディアGMAによると、リビラン次官補はバイクタクシーの試験運用について、マニラ首都圏のみで許可すると明らかにした。

一方、試験運用に参加する残り1社のムーブイットは、運用再開の許可がまだ下りていないとみられる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品運輸サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「どんな変異だって。ウ…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

変異種に警戒高まる 初感染者と同乗の13人陽性(01/21)

コロナ感染新たに1862人、計50万5939人(01/21)

港湾ICTSI、マニラ港の拡張完了(01/21)

シャングリ・ラ、2月から一時閉鎖(01/21)

東南アジアの訪日客、20年はコロナで82%減(01/21)

コカコーラのリサイクル事業に税優遇措置(01/21)

カガヤン州都、外出制限を再び厳格化(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン