• 印刷する

テイクオフ:新型コロナ感染症の流行…

新型コロナ感染症の流行が「第4波」に突入した香港。改めてこの感染症の手強さを感じずにはいられない。世界でも感染拡大は依然として深刻だ。日本も連日、1千人を上回る新規感染者が出る状況で収まる気配は全くなし。日本政府はとうとう、観光や外食の振興政策「GO TO」キャンペーンの見直しを余儀なくされた。

香港でも、本来は22日に、シンガポールとの間で隔離期間を設けず往来できる枠組み「エア・トラベル・バブル」がスタートするはずだった。しかし先週後半から感染者は急増し、専門家が相次いで「第4波に突入した」と発言。その時点で「トラベル・バブルは始められるのだろうか」と気になった。

果たして21日夕方、香港・シンガポール両政府はトラベル・バブルの2週間延期を緊急発表。強行突破はしなかった。素早い賢明な判断だったと評価したい。(和)


関連国・地域: 香港シンガポール
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ネット商談で食の輸出を支援 信金中金、まず香港で開始(01/20)

20年10~12月の失業率6.6%、16年ぶり高水準(01/20)

集合制限などの感染防止策、27日まで延長(01/20)

新たなコロナ感染者56人、累計9720人(01/20)

ファイザー製ワクチン、専門委が認可提言(01/20)

IT企業や本土金融企業、香港で増員見込み(01/20)

20年の破産申し立て、4年ぶり多さ(01/20)

4日続伸、大商いで29000突破=香港株式(01/20)

双循環に香港不可欠、中国銀保監会トップ(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン