カンタス、乗客のワクチン義務化 世界初、国際線対象に来年から

オーストラリアの航空大手カンタスは、新型コロナウイルスワクチンの接種が可能になる来年3月以降に、国際線の搭乗者に対してワクチン接種を義務付ける方針を明らかにした。同社のジョイス最高経営責任者(CEO)は、利用規約の見直しを進めて、搭乗前にワクチンの接種証明書を…

関連国・地域: オーストラリアニュージーランド米国欧州
関連業種: 医療・医薬品運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:年末にスーパーでガーリ…(01/22)

豪12月失業率、6.6%に改善 人口増加率の低迷要因か(01/22)

豪テック企が採用拡大、5割超増員の企業も(01/22)

ブリスベンのマスク義務、きょうから解除(01/22)

豪ホテル客室稼働率が急落、州境閉鎖で打撃(01/22)

20年の石炭輸入量が過去最多、豪産けん引(01/22)

観光業の損失70億$、給与補助の延長要求も(01/22)

〔政治スポットライト〕米大統領就任、豪NZに恩恵(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン