• 印刷する

年末の連休見直し、大統領が指示

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は23日の閣議で、年末年始の休日を減らす方針について検討するよう関係各省庁に指示を出した。連休で人の移動機会が増え、新型コロナウイルスの感染が拡大することを防ぐ狙いがある。

ムハジル・エフェンディ調整相(人材開発・文化担当)が閣議後に明らかにした。具体的な時期、日数については関係省庁間で調整会議を開催し、祝日、有給休暇奨励日ともに削減することを検討するという。

現状では12月24日から来年1月3日まで、最長で11日間の長期休暇となる。このうち4日間の有給休暇奨励日は、当初5月下旬に設定されていたが、帰省による感染拡大の抑制などを理由に12月末に変更された経緯がある。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:高層ビルが建ち並ぶジャ…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

20年の二輪車販売は366万台 前年比44%減、03年来の低水準(01/21)

ジャワとバリでの行動規制、2週間延長方針(01/21)

民間でのワクチン接種、経済界から要望の声(01/21)

西ジャワ州の地域最低賃金、4自治体で変更(01/21)

東南アジアの訪日客、20年はコロナで82%減(01/21)

経済特区の規制緩和、新興企業の投資に期待(01/21)

財務相、1Qに省庁予算の15%執行を目標(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン