エアアジア、搭乗可否の確認システム開始

マレーシアの格安航空会社(LCC)大手エアアジア・グループは、空港に到着する前に乗客が飛行機に搭乗できるかどうか確認できるシステム「スキャン・トゥー・フライ(Scan2Fly)」の運用を開始した。乗客は新型コロナウイルス感染症の検査結果(陰性)などが求められるため、搭…

関連国・地域: マレーシアシンガポールインドネシア
関連業種: 医療・医薬品運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

人口約3割分のワクチン確保、2社と契約(12:34)

テイクオフ:「彼氏と別れちゃった」…(01/27)

東南ア最大のFDI落ち込み 昨年68%減の25億ドル=国連試算(01/27)

【食とインバウンド】問われる日本のサステナブル(01/27)

20年新車販売、国民車が外資の牙城切り崩し(01/27)

新規感染3585人、ス州が最多の4桁(01/27)

RM1=25.6円、$1=4.05RM(26日)(01/27)

新型コロナ対策の手順書厳格化も、貿産省(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン