• 印刷する

テイクオフ:台湾には言論の自由があ…

台湾には言論の自由があると実感する時がある。例えば、各テレビ局の政治討論番組を見比べた時とか。各局が強い政治色を持つ台湾では、同じテーマの討論番組でもチャンネルを変えると、討論の方向性が全く異なる。報道の自由がない独裁国家ではない現象だ。

しかし、このほど台湾の報道の多様性に影響を及ぼす事件が起きた。台湾で最も親中的なテレビ局だった中天テレビが、監督機関から偏向報道などを理由に放送免許の更新を拒否されたのだ。確かに、同局の度を越した親中路線っぷりには以前から眉をひそめたくなることもあった。

だが、行政側が反中路線を行く現政権に最も敵対的なテレビ局を消滅させたことには不安が募る。台湾の言論の自由には、「皆で対岸をにらみ続ける」という条件でも付くのだろうか。「自由を守るために自由を失う」ということにならないでほしいと思う。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: メディア・娯楽政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「天竺鼠車車って知って…(01/25)

米企業9割弱が台湾経済楽観 「黄金期入り」の声も(01/25)

ハイテク各社が再び防疫強化、域内感染受け(01/25)

ペガトロン、iPhoneミニの受注3割減か(01/25)

宏捷、5.2億元でクリーンルーム設備購入(01/25)

バックライト2社、域内外で生産能力を増強(01/25)

鴻海と拜騰、EV量産を今年末に前倒しへ(01/25)

郭台銘氏、「台湾EV発展の鍵は電池」(01/25)

関東化学の台湾子会社、桃園に本部ビル(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン