• 印刷する

テイクオフ:特別公休日だった19日…

特別公休日だった19日と20日、通勤時の様子は特に普段と変わりなかった。大半の日系企業は通常通り営業すると聞いていたが、周りを見る限り、タイ企業も多くは営業していたようだ。政府がもくろんでいた国内旅行の振興には、どのくらい効果があったのだろうか。

タイ国政府観光庁(TAT)によると、1~9月の国内旅行者は前年同期比54%減の延べ5,270万人で、観光収入は60%減の3,230億バーツ(約1兆1,080億円)にとどまったという。徐々に回復しつつあるとはいえ、今年前半に新型コロナウイルスの感染拡大により受けた打撃を挽回するのは簡単なことではない。

一方、この週末にバンコクの商業施設で開催されていた在タイ外国人向けの国内旅行イベントはにぎわっていた。年末まであと1カ月余り。一時帰国が難しい今年は、どこかに出掛けて国内旅行振興に貢献しようと思う。(香)


関連国・地域: タイ
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

感染者3525人、5カ月ぶり3千人台(7日)(14:46)

首都が大気汚染の季節入り、一部で基準超え(18:14)

テイクオフ:アジアに長年住んでいな…(12/07)

ラオス中国鉄道開通、タイは貿易拡大に期待(12/07)

感染4000人、入国者が初のオミクロン株(6日)(12/07)

名港海運、バンコク東郊の第2倉庫を稼働(12/07)

住宅サンシリ、50年に温室効果ガスゼロ目標(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン