• 印刷する

豆乳ビタソイ、中間決算は減収も増益確保

香港の豆乳飲料大手、維他ダイ国際集団(ビタソイ・インターナショナル、ダイ=女へんに乃)が19日発表した2020年9月中間期連結決算は、純利益が前年同期比26.0%増の6億7,200万HKドル(約90億円)、売上高が5.9%減の44億1,000万HKドルだった。一部の市場で新型コロナウイルスの感染拡大を受けた現地政府の補助金を受給したことやコスト削減を徹底し、減収ながらも増益を確保した。

減収の最大の要因は、売上高の7割を占める中国本土市場の4月の販売不振だった。5月以降は持ち直し、本土市場の同期の売上高は香港ドル換算で3.3%減の31億3,600万HKドルとなった。

香港市場の売上高は14.1%減の9億7,700万HKドル。香港では小中学校などで売店「維他天地(ビタランド)」を運営しており、休校に伴う臨時休業が減収につながったと説明した。

オーストラリア・ニュージーランド市場の売上高は4.2%減の2億3,700万HKドル。シンガポール市場は7.4%増と地域別で唯一、増収を確保した。

ビタソイの羅友礼(ウィンストン・ロー)会長は、下半期(20年10月~21年3月)も危機感を持って事業に取り組む方針を説明。各市場の本格的な回復を待ち、ブランド構築や事業拡大に向けた投資を再開したいと述べた。


関連国・地域: 中国香港シンガポールオーストラリアニュージーランド
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:海外旅行ができなくなっ…(01/21)

20年の輸出受注が過去最高額 1割増の5336億米$、ITけん引(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

株高効果、高級住宅市場沸く マネー流入、「新富裕層」出現(01/21)

5日続伸、大量資金で大商い続く=香港株式(01/21)

新たなコロナ感染者77人、累計9797人(01/21)

昨年の訪日香港人85%減、2年ぶりマイナス(01/21)

EGLがガイド120人解雇へ、従業員の25%(01/21)

「理財通」は債券に重点=金融管理局幹部(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン