• 印刷する

ハンコックとテスラ、新型タイヤを共同研究

韓国タイヤ最大手のハンコックタイヤ&テクノロジーと米電気自動車(EV)大手テスラが、新たなEV向けタイヤの共同研究を進めている。テスラが2021年発売予定の電動ピックアップトラック「サイバートラック」には、ハンコックタイヤがサプライヤーに選定される可能性が高いとみられる。20日付韓国経済新聞が伝えた。

EVはバッテリーを搭載するため、ガソリン車より車体が重くなる上、エンジン音がない代わりにタイヤが道路と接する際のノイズが課題とされている。

ハンコックタイヤは、アラミド繊維の活用で荷重支持能力を高める一方、特定周波数の騒音を抑えるパターンをタイヤの接地面に刻むなど、さまざまなノイズ低減技術を確保。スリップや摩耗防止性能の向上にも努めている。

同社は、テスラが17年に発売した量産型EV「モデル3」にタイヤを供給した実績を持つ。直近では、ポルシェ初のEV向けに新車装着用(OE)タイヤの供給契約を結んだほか、BMWやアウディなど自動車大手とも接触しているもようだ。

エコカー用タイヤの世界市場は、26年には1,780億米ドル(約18兆5,000億円)規模に成長する見通しだ。韓国の錦湖タイヤとネクセンタイヤもそれぞれ、EV向けOEタイヤの供給拡大に注力している。


関連国・地域: 韓国米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車化学

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者404人、死者数は17人増(13:45)

京畿道が1人10万ウォン支給、外国人も対象(17:57)

ポスコICT、暁星重のスマート工場構築(17:58)

CJがワクチ輸送へ、低温物流体系を準備(18:12)

テイクオフ:1月6日の夜から降り始…(01/20)

【揺れるサムスン】半導体王国の夢遠のく サムスントップ実刑の衝撃(上)(01/20)

コロナ感染者、2日連続で300人台(01/20)

中小の輸出横ばい、コロナ関連品が押し上げ(01/20)

20年の日本向け輸出額、全体の5%下回る(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン