• 印刷する

グローブ、首都圏の5G網8割に拡大

フィリピンの通信大手グローブ・テレコムは18日、次世代通信規格となる第5世代(5G)サービス向け通信網について、マニラ首都圏のカバー率を年末までに約80%に拡大すると発表した。より高速で安定したインターネット通信の利用を可能にする。

ジル・ジェニオ最高技術責任者(CTO)は「首都圏の5G網整備は3分の2まで完了している」と話す。利用可能地域を80%に広げるため、新たな通信塔の整備も加速している。

地方都市でも5G網を拡大する。西部ビサヤ地方で西ネグロス州バコロド市やセブ州セブ市など8都市、南部ミンダナオ地方で南ダバオ州ダバオ市とカガヤンデオロ市の2都市で整備する。ダバオ市の一部地域では、11月初旬に整備が完了しているという。

グローブは2019年7月、首都圏の主要地域で家庭向け5Gサービスを開始した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1月に新型コロナウイル…(06/28)

複合メトロパシ、酪農に参入 7億円で地場買収、輸入減らす(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新型コロナ、20~26日は新たに4634人感染(06/28)

12~17歳の追加接種見送り、保健省(06/28)

ガソリン価格28日から値上げ、4週連続(06/28)

スペースX、事業開始7月以降にずれ込み(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン