• 印刷する

サンミゲル、ブラカン空港向け太陽光発電

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は18日、ブラカン州で20万キロワット(kW)の太陽光発電所を建設すると明らかにした。同州で計画する新マニラ国際空港(NMIA、ブラカン国際空港)向けに電力を供給する。ビジネスワールドなどが伝えた。

太陽光発電施設は、2,500ヘクタールの用地に建設する。ラモン・アン社長は「国内最大級の施設となる」と述べ、発電子会社SMCグローバル・パワー・ホールディングスを通じて拡大している再生可能エネルギー事業の一つになると説明した。

ブラカン空港の総工費は約7,400億ペソ(約1兆6,000億円)で、年内にも着工を目指している。空港に隣接する空港都市の開発や周辺の大規模なインフラ整備も予定する。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電機建設・不動産運輸電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

イベント開催一部容認、安全対応も必要に(12/04)

20年GDP9.5%減に下げ 政府予測、コロナの影響深刻(12/04)

二輪輸出が継続的に拡大 来年10%台の成長、アフリカなど(12/04)

コロナ感染新たに1061人、計43万5413人(12/04)

10月の失業率8.7%、一段と改善(12/04)

マニラ首都圏、子どものモール入館認めず(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

外国商議所、今後10年で500億ドル投資(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン