• 印刷する

テイクオフ:タイで続く民主化を求め…

タイで続く民主化を求める反体制デモでは、LGBTQ+や女性の権利もたびたびテーマになっている。性差別、セクシャルハラスメント、レイプカルチャー、同性婚を認めない法律などを取り上げてきた。しかし、これらのテーマは真の民主主義を手にしてから議論すべきと言う人がいる。

性的少数者や女性の権利は、民主化の主要テーマではないという。だが、民主主義と人権や平等は対になっていると考えられる。反体制デモで、人民による人民のための憲法改正を要求するならば、LGBTQ+や女性を排除する理由はあるのだろうか。

これらの問題はタイ社会に存在しながら軽視され、生きづらさを感じてきた人が提起しているにすぎず、LGBTQ+や女性も権利を主張して憲法改正を求めている。反体制デモは社会の内側から沸き上がる声を反映させていけるのだろうか。(バ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都の活動制限を一部緩和 ジムやマッサージ店、感染減少で(01/22)

テイクオフ:タイの国鉄フアランポー…(01/22)

市中感染125人、首都西郊で92人(21日)(01/22)

コロナ禍で20年は貧困層150万人増=世銀(01/22)

生活費補助第2弾、募集開始9分で定員到達(01/22)

香港とタイ、ファンド相互承認で覚書(01/22)

BMW、「5シリーズ」の新型モデル発売(01/22)

レッドラインの運賃、14~42バーツに設定(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン