はしか死者20万人超、ワクチン接種訴え=WHO

【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)と米疾病対策センター(CDC)は12日、はしかにより2019年に世界で20万7,500人が死亡したとの推計を発表した。18年の約14万人から大幅に増えた。16年に約9万人と過去最低レベルになっていたが、17年から増加が続き、WHOは各国にワク…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

キリンHD、国際仲裁を提起 国軍系とのビール合弁の解消巡り(12/07)

日本のだし、現地素材で製造 福岡・久原本家、2年かけ商品化(12/07)

日本企業の投資誘致を支援 みずほ銀、投資開発庁と契約(12/07)

米中新車市場で日本勢苦戦、11月(12/07)

日系の7割、事業拡大に意欲 インド断トツ首位、ジェトロ調査(12/07)

日立金属、科技研の共同研究に7億円追加投資(12/07)

日野といすゞ、EVトラック開発競争加速(12/07)

森林守りつつバイオマス燃料生産、日米協力(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン