• 印刷する

《日系進出》トリドール、雲南ヌードル店開業

トリドールホールディングスは雲南スパイシー麺チェーン「譚仔三哥米線」の海外1号店をシンガポールで開業した(同社提供)

トリドールホールディングスは雲南スパイシー麺チェーン「譚仔三哥米線」の海外1号店をシンガポールで開業した(同社提供)

外食大手のトリドールホールディングス(東京都渋谷区)は12日、香港の傘下企業を通じて、雲南スパイシー麺チェーン「譚仔三哥米線(タムジャイサムゴマイシン)」の海外1号店をシンガポールで開業したと発表した。

東部の商業施設ベドック・モールに10月30日にオープンした。店舗面積は約118平方メートル、座席数は64席だ。今月11日には、南部の商業施設「ビボ・シティー」に2号店も出店した。

提供する料理は、中国・雲南地方をルーツとする米粉麺やスパイシーなスープが特徴で、顧客が多彩な具材や辛さのバリエーションを選ぶことができる。1杯の価格は、ヌードルと1つのトッピングで6.5Sドル(約500円)という。

トリドールは2018年、香港で67店(20年10月末時点)を展開する「譚仔三哥米線」の運営会社を買収。兄弟ブランドの「譚仔雲南米線(タムジャイワンナムマイシン)」も同時期に傘下に収め、タムジャイ・グループでは香港で計133店を展開している。

今回は、「譚仔三哥米線」「譚仔雲南米線」の運営を手掛ける香港の完全子会社タムジャイ・インターナショナルを通じてシンガポールに出店した。「譚仔三哥米線」を世界各地で展開するにあたり、東南アジア市場への進出の第1ステップとして、多民族国家であるシンガポールを選んだ。

同国では、東南アジアやインドなど多様な国のスパイシーな料理が日常的に食べられている。トリドールは、従来の料理とは違った「譚仔三哥米線」の辛い麺を新鮮に受け取ってもらえるとみている。

トリドールの広報担当者はNNAに対し、「今後はシンガポールでさらに出店を進めたい」と述べた。タムジャイ・グループとして、東南アジア各国への出店計画はあるが、具体的な目標店舗数は明らかにしなかった。

トリドールは東南アジアではこのほか、シンガポール、インドネシア、ベトナム、フィリピン、カンボジアで「丸亀製麺」を展開中だ。シンガポールでは日本式カレー店「モンスターカレー」も出店している。


関連国・地域: 香港シンガポール日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

1~3月期のGDP0.2%増、プラス転換(04/14)

テイクオフ:ガラス製の電灯カバーが…(04/15)

1~3月期のGDP0.2%増 5四半期ぶりプラス、製造業好調(04/15)

アジア駐在員家賃、10都市中4都市で低下(04/15)

北米西海岸航路、コンテナ船が初寄港(04/15)

金融政策「緩和」を維持、低成長見通しで(04/15)

暗号資産取引の米社、金利収入サービス始動(04/15)

フィンテックのフェイブ、印企業に身売り(04/15)

LYC、ジョホール州で産後院の合弁事業(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン