• 印刷する

インドのGMR、マニラ空港改修に参加

フィリピンの建設大手メガワイド・コンストラクションは11日、マニラ首都圏にあるニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の改修・拡張計画で、インドのインフラ大手GMRインフラストラクチャーが40%の資本参加に合意したと発表した。

改修事業を巡っては、メガワイドとGMRのコンソーシアムが優先交渉権を得ているが、財務能力が疑問視されている。これに対し、メガワイドは財務基盤は強固で改修事業の全工期を賄えると説明。政府の条件を順守しつつ、世界水準の空港に刷新する方針を示した。

メガワイドとGMRは、中部セブ州のマクタン・セブ国際空港(MCIA)の拡張・運営事業も合弁で請け負っている。GMRはインドの首都ニューデリーのインディラ・ガンジー国際空港(IGIA)などの開発・運営を手掛けている。


関連国・地域: フィリピンインド
関連業種: 金融建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:底の砂が見えるほど透き…(01/18)

月末まで入国禁止延長 変異種対策、35カ国・地域に拡大(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

コロナ感染新たに1895人、計50万577人(01/18)

中国がワクチン提供表明、比中外相会談(01/18)

メトロパシ、みずほ銀から1.3億ドル融資(01/18)

マニラ空港ターミナル2、改修工事98%完了(01/18)

経済開発庁長官、外出制限強化に否定的(01/18)

接触者追跡アプリ、GPS機能など削除(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン