• 印刷する

ASEAN経済会合、152品目非関税に合意

東南アジア諸国連合(ASEAN)の経済閣僚が出席する第19回ASEAN経済共同体(AEC)理事会の会合が10日、テレビ会議方式で開催された。域内貿易で医薬品や医療機器など152品目を非関税とすることで合意した。

マレーシア貿易産業省によると、同国からはアズミン・アリ上級相(経済担当)兼貿易産業相が出席。新型コロナウイルス感染症対策で域内の貿易が低迷する中、生活必需品の流通を円滑化するため、医薬品や医療機器のほか、個人防護具(PPE)や食品などを非関税にすることに合意し、覚書を締結した。各国間の経済協力強化やサプライチェーン(調達・供給網)の接続性向上を目的とした「ハノイ行動計画」の一環という。

同会合ではまた、(感染対策をした上で)貿易と投資に関する市場開放政策を維持しつつ、域内経済の回復を目指す具体的な方法について協議。新型コロナ収束後の経済交流なども視野に入れた枠組み「ASEAN包括的回復フレームワーク(ACRF)」を導入することで合意した。


関連国・地域: マレーシアASEAN
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務による運動不足…(03/08)

東南・南アジア投資が加速 脱中国、RCEPも見据え(03/08)

ドンキ1号店、19日開業 首都の商業施設「ロット10」で(03/08)

RM1=26.6円、$1=4.07RM(5日)(03/08)

エアアジア、ドローン配送で政府機関と提携(03/08)

首都空港、民間の新型コロナ検査導入へ(03/08)

国営電力テナガ、越の太陽光発電に参入(03/08)

サラワク電力、ペトロナスと電力供給契約(03/08)

マレーシアから電力輸入、試験事業を公募(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン