• 印刷する

トヨタ、10月販売はプラス=23%増の8841台

トヨタ・ベトナム(TMV)が10日に発表した2020年10月の販売台数(レクサス除く)は、前年同月比23%増の8,841台だった。新型コロナウイルスの流行後、初めてプラス成長に転じた。月別で今年最多だった前月の6,366台を大きく上回った。

内訳は、小型セダン「ヴィオス」が49%増の3,443台で大きくけん引した。国内市場のベストセラー車となっている。ほか、8月発売のスポーツタイプ多目的車(SUV)「カローラ・クロス」が1,548台と好調だ。以下に、SUV「フォーチュナー」(21%減の1,104台)、多目的車(MPV)「イノーバ」(53%減の505台)が続いた。人気モデル2種はマイナス成長が続いているものの、9月の販売実績(フォーチュナー=61%減・553台、イノーバ=78%減・239台)から大きく改善した。

部品を輸入して現地で組み立てる完全ノックダウン(CKD)は5,269台で、全体の6割を占めた。うち、CKDと完成車(CBU)輸入を組み合わせて販売するフォーチュナーは、CKDモデルが1,014台(フォーチュナー販売の92%)だった。CBUの販売台数は計3,572台。このほか、同月のレクサス車の販売は106台だった。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ブロックチェーンで供給網改革 地場VBC、農業向けで黒字化(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

ホンダ、20年の二輪販売は16.7%減(01/18)

ハノイ、ビンG製電気バスの試験運行を支持(01/18)

HCM市、低価格住宅の供給戸数先細りに(01/18)

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(01/18)

宝飾PNJ、質屋チェーンに出資(01/18)

JBIC、遠藤製作所の現法に融資(01/18)

韓国DSK、越LGにパネル製造装置を供給(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン