• 印刷する

JBIC、大成現法に63万ドル融資

国際協力銀行(JBIC)は10日、総合ビルメンテナンスの大成(名古屋市)のベトナム法人ケアベトナムと、63万米ドル(約6,600万円、JBIC分)を限度とする貸し付け契約を締結した。京都銀行との協調融資で、資金提供により、ビル清掃事業などの推進を支援する。

ケアベトナムは2007年3月設立で、大成が17年4月に株式の70%を取得していた。オフィスビルや公共施設の清掃や害虫防除、清掃資機材販売といった建物清掃事業を中心に展開し、警備事業などへの業容拡大も図っている。

同融資は、JBICが今年1月30日に開始した「成長投資ファシリティ」の活用で実施した。成長投資ファシリティでは、日本企業による海外企業の合併・買収(M&A)や世界的なバリューチェーンの再編、質の高いインフラ整備などを支援する。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 金融建設・不動産サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ホンダ、四輪のベトナム生産が累計10万台に(19:20)

ベトナムにロボット革命を 地場ベンチャー、市場形成に挑戦(01/26)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

ベトナム書記長の続投焦点、第13回党大会(01/26)

航空燃料の環境保護税、減税を1年継続(01/26)

韓国仁川湾の取扱量が過去最高、中・越好調(01/26)

10~12月期のコメ輸出、中国向けが7割超(01/26)

不動産バンフー、カントー市で新都市区開発(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン