• 印刷する

兵庫県が初の県産品フェア、東南ア2カ国目

兵庫県は、今月から来年1月にかけて、マレーシアで県産農林水産物・加工品の輸出促進プロモーションを実施する。マレーシアでは初めてで、東南アジアではシンガポールに次ぐ2カ国目となる。

同プロモーションに参加するのは兵庫県内11社で、明石市の名産品のタイやタコ、姫路市の殻付き生ガキといった海産物のチルド冷凍品のほか、豊岡市の出石そば、丹波市の丹波大納言ゆで小豆など25品目を出品する。

地元飲食店やスーパーマーケットなど約30社との商談で販路を探るほか、首都クアラルンプール(KL)の伊勢丹2店舗(KLCC、ジャパンストア)での一般消費者向け試食販売、地元富裕層や日本人客の多いKL・モントキアラ地区の日本食レストラン「しゃかりき432 マレーシア」での兵庫フェアを実施する。

兵庫県の担当者によると、伊勢丹での試食販売は、11月13~26日および12月26日~来年1月7日を予定しているが、新型コロナウイルス感染症の流行状況によって変更する可能性がある。日本食レストランでの兵庫フェアは11月中旬~月末を予定し、県産食材を使ったメニューを10品程度提供する。それぞれ来店者にアンケート調査を実施することで地元消費者の好みを探る。

過去3年間にわたるシンガポールでの県産品の販促フェアで手応えを得られたことから、次の市場としてマレーシアでの開催を決めた。日本食が浸透しており所得水準が高いこと、シンガポールに比べて他の自治体の参入が少ないことから、「伸びしろがあると判断した」(同担当者)という。

兵庫県は、今月から香港、フランス・パリでも同様のプロモーションを実施する。来年2月には、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでの開催も予定している。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産サービス観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏など条件付き制限令に きょうから移行、出社上限は維持(03/05)

新規感染2063人、4日ぶり2千人台(03/05)

RM1=26.4円、$1=4.06RM(4日)(03/05)

政策金利1.75%で据え置き、4会合連続(03/05)

プロドゥアの小型SUV発売、月3千台目標(03/05)

エンジアリングのセルバ、宇宙庁と提携(03/05)

エアアジア、渡航条件「世界で標準化を」(03/05)

エアアジア、ASEAN乗り放題パス販売(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン