外食ジャパンフーズ、中間決算で黒字維持

「味千ラーメン」などの日系外食チェーンを運営するシンガポール上場のジャパン・フーズ・ホールディングが4日に発表した2020年4~9月期決算は、純利益が30万Sドル(約2,300万円)となり、新型コロナウイルスの影響下にありながら黒字を維持した。 純利益は前年同期比で8割減…

関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

シティの4カ国リテール買収 UOB銀行、4千億円超で合意(14:31)

オーストラリアのフィンテック社、営業開始(16:12)

国内港湾のコンテナ取扱量、21年は過去最高(18:22)

三井物産・東京建物の開発ビル、正式開業(18:22)

GMO、韓国系ブロックチェーン団体と提携(18:11)

子どもが接種の従業員、企業は特別休暇を(18:11)

5~11歳、10万人超がワクチン1回目接種(18:11)

新規感染956人、3日連続で9百人台(15日)(18:11)

新規感染945人、国内が6割超(14日)(18:11)

新規感染960人、1カ月半ぶり高水準(13日)(18:11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン