• 印刷する

日進の水素タンク、日本のHV列車に搭載

韓国でタンク製造などを手掛ける日進複合素材は3日、JR東日本、トヨタ自動車、日立製作所の3社が共同開発する、水素をエネルギー源にしたハイブリッドシステム搭載の鉄道車両に水素燃料タンクを供給すると発表した。同社が日本市場に製品を供給するは初めて。

ハイブリッドシステム搭載の鉄道車両は、水素燃料電池と蓄電池を電源とする「クリーンエネルギー鉄道」として期待されている。日進複合素材は、新たに開発した700バール(bar、圧力を表す単位)の容器を供給する計画だ。

日進複合素材は、水素燃料タンクの生産能力で世界1位を誇る。これまで、韓国の現代自動車が手掛ける「ツーソン」の燃料電池車(FCV)モデルをはじめ、FCV専用車「ネクソ」や、市バスなどに水素燃料タンクを供給してきた。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: その他製造運輸

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者2.4万人、死者23人増(11:44)

テイクオフ:韓国の中小企業や自営業…(05/25)

サムスンが45兆円投資 財閥3社も、新政権にアピール(05/25)

米大統領、ミャンマー民主化への回帰強調(05/25)

新規感染者2.6万人、死者19人増(05/25)

サムスンが45兆円投資へ、「半導体超大国」主導(05/25)

キヤノンコリアがビジネスプリンター発売(05/25)

シャープが特損117億円、LGに賠償の仲裁判断(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン