【ASEAN・インド注目企業】再編挑むビングループ(ベトナム) 不動産堅調も製造業の成否が業績の鍵に

【第1回】ベトナム企業の「顔」ともいえる、コングロマリット(複合企業)ベトナム投資グループ(ビングループ)。不動産開発を本業としてショッピングモールや小売りで存在感を示してきたが、ここ数年はスマートフォンや自動車など製造業にも進出し、その成否が国内外の注目を集…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(10/20)

南部に労働者戻り始める、1日数千人(10/20)

市中感染3027人増、4波累計86.6万人(10/20)

カントー市、店内飲食やバーの再開許可(10/20)

ビナケム、化学品ドゥクザンの全株式売却へ(10/20)

アジアIT人材が遠隔勤務、パソナが紹介(10/20)

大手国営11社、累積赤字が11兆ドン(10/20)

これまでのコロナ対策支出は30兆ドン、政府(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン