• 印刷する

アビガン2500錠、日本政府が無償供与

日本政府はこのほど、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」2,500錠をマレーシア政府に無償で供与した。新型コロナの感染者が発生している国々への支援を実施するための緊急無償資金協力の一環。

在マレーシア日本大使館によると、新型コロナ治療薬としてのアビガンの有効性は未確立だが、新型コロナウイルスの増殖を防ぐ薬として海外の多くの国から関心が寄せられている。日本政府は、各国からの要請を踏まえ、希望する国々と協力しながら、新型コロナに対するアビガンの臨床研究を拡大する考え。

日本政府は、マレーシアに無償提供した2,500錠が医学的に適正に処方・使用されることで、同国の新型コロナ患者を助けるとともに、アビガンの臨床研究の前進に寄与することを期待している。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ソニーがペナン工場閉鎖へ、来年9月末めど(17:20)

集客力は一等地から生活圏へ コロナで変化、ジェトロセミナー(12/04)

新規感染1075人、ス州459人で最多(12/04)

RM1=25.6円、$1=4.07RM(3日)(12/04)

長期滞在希望先、マレーシアが14年連続首位(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

国民車好調、11月販売は2社そろって2桁増(12/04)

2国間高速鉄道、凍結期限前に両国首相会談(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン