• 印刷する

NTTデータ、収納代行Payooに追加出資

NTTデータは29日、ベトナムで請求収納代行サービス「Payoo」を手掛けるベトユニオン・オンライン・サービスの増資に応じ、出資比率が81.04%から89.30%に上昇すると発表した。取引は今年中に完了する予定で、ベトユニオンはNTTデータの特定子会社となる。

ベトユニオンは、資本金を1兆9,082億9,300万ドン(8,200万米ドル、約87億7,800万円)増の3兆2,670億9,300万ドンとする予定だ。ベトナム投資局の承認を得られれば、11~12月に完了する。

NTTデータは、シンガポールに置くアジア太平洋地域の統括子会社NTTデータ・アジアパシフィックを通じてベトユニオンに出資している。ベトユニオンの増資が実現すれば、資本金はNTTデータの100分の10以上となり、特定子会社に該当する。

ベトユニオンはコンビニなど小売店における公共料金などの徴収代行サービスを展開する。今回の増資により、経営基盤の強化を図る。

同社の2019年12月期決算は、売上高が前期比52.9%増の3兆2,284億ドン、純利益が73.6%増の1,073億ドンと増収増益だった。12月末時点の総資産は前年末から18.1%増の4兆377億ドンとなった。


関連国・地域: ベトナムシンガポール日本
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

ブロックチェーンで供給網改革 地場VBC、農業向けで黒字化(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

ホンダ、20年の二輪販売は16.7%減(01/18)

ハノイ、ビンG製電気バスの試験運行を支持(01/18)

HCM市、低価格住宅の供給戸数先細りに(01/18)

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(01/18)

宝飾PNJ、質屋チェーンに出資(01/18)

JBIC、遠藤製作所の現法に融資(01/18)

韓国DSK、越LGにパネル製造装置を供給(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン