中銀発行のデジタル通貨、日米欧に先駆け

【ハノイ共同】カンボジアで中央銀行が発行するデジタル通貨「バコン」の運用が28日、正式に始まった。日本企業の技術を採用し、自国通貨リエルや米ドルとも連動している。中銀発行のデジタル通貨の本格運用は日米欧を含め世界的にほとんど例がなく、同国では普及が遅れた金融サー…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

小売・観光業などに影響、市中感染発生で(12/03)

小口金融の不良債権比率、5月から改善傾向(12/03)

精米輸出量、今年は75万トンの見通し(12/03)

入国者、政府指定施設で14日間の強制隔離(12/02)

ゴム輸出量、1~10月は21%増の24万トン(12/02)

保険AIA、配車グラブ運転手に傷害保険(12/02)

第一銀、プノンペン支店が海外最大の利益源(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン