読売新聞記者に罰金刑、韓国で警官に唾吐く

【ソウル共同】韓国KBSテレビによると、ソウル中央地裁は28日、警察官に唾を吐くなどして公務執行妨害罪で在宅起訴された読売新聞ソウル支局の男性記者に対し、罰金600万ウォン(約55万円)の判決を言い渡した。地裁は「公務執行妨害罪は国家の機能を損なうもので、厳しく処罰し…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者、3日連続で400人台(12/02)

セルトリオン、武田薬品から18品目買収完了(12/02)

ア太平洋からの誘致増に活路 後発3カ国、RCEPで開放前進(12/01)

テイクオフ:韓国でついに運転免許を…(12/01)

LGが系列5社分離で新会社 来年5月、経営権の継承完了へ(12/01)

コロナ感染者、2日連続で400人台(12/01)

マヒンドラ傘下の双竜、出資協議が難航(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン