• 印刷する

「双十一」の宅配量、1日4.9億件と予測

中国国家郵政局は28日、インターネット通販の一大販促イベント「双十一」期間(11月11~16日)に全国の郵便局や宅配業者が処理する小包・宅配便の件数が1日平均4億9,000万件に達するとの見通しを明らかにした。これは通常の業務量の2倍に相当する。

宅配各社は双十一に向けた準備を急いでおり、これまでに49万人の臨時従業員を雇い入れたほか、輸送車両10万台と荷物の処理スペース539万平方メートルを追加で確保した。新型コロナウイルスの影響で国際貨物の輸送能力が縮小していることへの対応や、高速鉄道を利用する新たな輸送ルートの開拓なども進めているという。

双十一から来年の春節(旧正月、来年は2月12日)にかけては、人と人との接触を伴う宅配業務の仕事量が大幅に増えることで、新型コロナの感染リスクも高まると懸念される。このため郵政局は「感染対策と滞りないサービスを両立しなければならない」と指摘している。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 食品・飲料運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

豪輸出品への中国の発注半減、今後も悪化か(17:00)

「外国企業は中国信頼」、輸出管制法で政府(19:54)

新型コロナ感染9人、国内症例は2人(20:35)

テイクオフ:語学検定を受けるため、…(12/02)

中老鉄路、土地収用長期化で完成遅れも(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

テイクオフ:人は空腹になるとイライ…(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン