旅行業などの回復、21年末以降=金融庁予測

シンガポール金融管理庁(MAS)は28日に発表した最新のマクロ経済報告で、業界によっては、2021年末まで成長率が新型コロナウイルス流行前の水準に回復しない可能性があるとの見方を明らかにした。特に旅行関連や接触型のサービスなどの業界や分野で、回復が難しいとみている。…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アジア昇給率は4.3%予測 2022年の日系企業、NNA調査(12/08)

ルミネ、奈良県産木工品の販拡を支援(20:23)

スウェーデン系9社、男性育休期間を2倍に(20:29)

人材育成機関、成長3分野で必要な技能特定(20:29)

シティ現法、フィンテックの技術革新で提携(20:29)

複合企業セムコープ、ベトナムで再エネ事業(20:29)

高速鉄道計画の再開、決定でない=首相府相(20:28)

唾液ART検査、国立大などが新技術開発(20:43)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン