【タイ政治社会の潮流】カギは一般市民に?

第336回 今年2月21日の憲法裁判所の新未来党に対する解党命令を機に生じた「2020年若者反乱」は、タイの歴史の中でも類のない反政府運動となっている。9月19日から20日にかけてタムマサート大学タープラチャン校と王宮前広場で開催された大規模集会以後急激に拡大し、首都バンコ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

財務局、首都東郊の高齢者住宅第2期開発へ(17:03)

チェンライで市中感染、帰国者と接触(4日)(16:22)

【BCG経済】仏スエズが再生プラ工場稼働 アジア初拠点、東南アへ輸出狙う(12/04)

テイクオフ:インドシナ戦争を追った…(12/04)

隣国からの帰国者含む13人感染(3日)(12/04)

物流ケリー、今月第4週目にタイ証取上場へ(12/04)

工業連盟、ごみ発電所の電力買い取り求める(12/04)

長期滞在希望先、マレーシアが14年連続首位(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン